オフロードバイク&スキーが好きなクマのブログ


by りょうたろう

カテゴリ:エレクトロニクス( 3 )

「音が安っぽい」と感じてしまった、ケンウッドのナビ。
まあ、安っぽいとだけ言うと少し乱暴なので、なんで安っぽいか考えてみました。

真っ先に感じたのは「中低音の厚みのなさ」です。
これは、理由があります。

ミツビシのナビの時にはスーパーウーファーを付けていたのですが、ケンウッドでは付けていません。
「おいおい、じゃあつけろよ」
となるんですが、なんと!

ケンウッドのナビは、ウーファーを付けるためのコネクタが別売りなんです!

大切なのでもう一度言います
「ケンウッドのナビは、ウーファーを付けるためのコネクタが別売りなんです」

ここ、以外な盲点でした。
今まで購入したナビは、たまたまだと思うのですがすべて「外部出力端子」が付いていたのです。
なので、自分もそのまま今ついているものを繋ぐ予定だったのですが、、、、、

ハイアウトプットコンバーターで繋ぐと音が悪くなるしなぁ。
ちなみに、ハイアウトプットコンバーターというのは、スピーカー出力をコイルで出力調整して、RCA出力に変えるものです。

なので、外部出力端子、買いましたよ。



ケンウッドさん、ぜひオプションではなく、標準で装備お願いします。
翌日到着したので、さっそく取付。

うん、だいぶ低音は出るようになったな。
でも、中音域がぺらぺら。
そして高音域はキンキン。

どうしましょ。



Instagram

---------------------------------------------------------------------
以前紹介した、mineoのお申し込みは、こちらへ!(mineoのHPに飛びます)
紹介で加入すると、特典があるそうです。(キャンペーン内容は時期により変わります)





by ryofuku | 2017-11-30 06:15 | エレクトロニクス | Trackback | Comments(0)
昨日話をした、東京電化。


この時代のフロッピー媒体で提供されるプログラムは、コピー防止のためにプロテクトをかけていた話をしました。
東京電化と同じくらい、フロッピーのデュプリケイトではシェアを持っていた音研という会社。


こちらの会社は、最初から磁気媒体のデュプリケイトをメインにスタート。
カセットテープ、ビデオテープと来て、フロッピーにたどり着いたわけです。

今ならば、SDを複製するならば、ファイルをドラッグするだけでできます。
が、当時は基本的にシーケンシャルなデータ記録媒体であれば、同時間、せいぜい半分程度の時間をかけなければコピーできなかったんですよ。

60分の音楽テープをコピーするのに、60分、もしくは30分くらいかかってしまっていたんです。
なので、とても個人では大量販売のためにコピーすることは不可能に近かったのです。

音研も、そんなカセットコピーからスタートしたわけなんです。
そして、フロッピーのデュプリケイトの際に、東京電化と同様、プロテクトサービスを始めたという訳なんです。

しかも、東京電化と異なり、音研は専門部署を設置、そしてかの有名な「ozawaチェッカー」を作るわけなんです。

こちらのプロテクトは、東京電化のものと比べると、まずチェッカーの解析が難しい!
トラップ多数、場合によってはダミー暗号化、そしてプログラムの途中でもチェックすると、かなりのものでした。

そして、いわゆる時分秒プロテクトが施されていて、PCのみでは書き込みができないという仕様。

最終的には、このプロテクトチームは分社化して、Windows時代まで生き残ります。



Instagram

---------------------------------------------------------------------
以前紹介した、mineoのお申し込みは、こちらへ!(mineoのHPに飛びます)
紹介で加入すると、特典があるそうです。(キャンペーン内容は時期により変わります)





by ryofuku | 2017-08-10 06:23 | エレクトロニクス | Trackback | Comments(0)
先日、後付けプッシュスタートを付けるときに買ったこちら。

e0142205_17552210.jpg
430Mhz帯の小電力リモコン。
昔ならば、今はすっかり様変わりした秋葉原を一日見て回らないと、見つからない。

というか、回路を自分で組んで、パーツを探して、ケースを考えてとやるしかなかったこういうもの。
それが、今はすごい時代になりました。


なんと、


アマゾンに売ってるんですよ。
それも、来たパーツを見ると、、、、

「自分で作るより全然安い!」

なにしろ、このパーツ、1000円で買えるんですよ。
すごすぎ。

なので、最近いろいろ面白いものないか、見てますよ。
温度センサーとか、なんかいろいろ使えそう。





Instagram

---------------------------------------------------------------------
以前紹介した、mineoのお申し込みは、こちらへ!(mineoのHPに飛びます)
紹介で加入すると、特典があるそうです。(キャンペーン内容は時期により変わります)





by ryofuku | 2017-08-08 07:49 | エレクトロニクス | Trackback | Comments(0)