オフロードバイク&スキーが好きなクマのブログ


by りょうたろう

児童相談所・福祉事務所の役割

ガソリン上がっちゃいましたね。福田首相はガソリンの暫定税率分を一般財源化すると発言してますけど、自民党からは、今後10年間は道路特定財源としての暫定税率を維持しようという法案の審議も進めるという意見が出てることから、あまり信頼できませんよね。
車通勤者にとって、非常に痛い問題です。

そこは置いておいて、今日も進めたいと思います。

今日のポイント
・児童福祉の機関でも特に児童相談所と福祉事務所について学ぶ

・児童相談所
児童の福祉と権利擁護を図ることが目的。業務は、相談、調査・判定、指導、措置、一時保護などが主。受け付けるのは主に次のもの。

・障害相談
肢体不自由相談、視聴覚障害相談、言語発達障害等相談、重症心身障害相談、知的障害相談、自閉症相談など
・非行相談
虚言癖、浪費癖、家出、乱暴などの虞犯等相談。また法に触れる行動をした14歳児未満児童の触法行為等相談。
・育成相談
性格行動相談、不登校相談、適性相談、しつけ相談
・養護相談
保護者の失踪、死亡等による育児困難児や被虐待児など環境的問題に関する相談
・保健相談
未熟児、虚弱児、小児ぜんそく、その他精神疾病も含めた疾患に関する相談

・福祉事務所
福祉六法全般の業務を担う総合機関。人口10万人を単位として、都道府県および市は設置しなければならない。主な業務は次の通り。

・実情把握
相談の受付と指導のための所轄区域内の実情を把握する。
・相談・調査・指導
児童や妊産婦などの相談を受け付け、事例を調査し、必要に応じて社会福祉主事などが指導を行なう。
・助産・母子保護の実施
母子家庭の自立支援や、母子寡婦福祉貸付金の申請受理など

今日はここまで。
次回は、児童相談所と福祉事務所の違い、およびそれ以外の機関について進めます。

それにしても、ガソリンが高いです。。。。

gooリサーチモニターに登録!




トラックバックURL : http://hoikusikak.exblog.jp/tb/7851877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ryofuku | 2008-05-01 15:04 | 保育士 | Trackback