オフロードバイク&スキーが好きなクマのブログ


by りょうたろう

2004年法改正概要

昨日、韓国の新大統領、李明博(イ・ミョンバク)氏が来日しました。が、ちょっと気になるのがその直前に福田総理が言った「北朝鮮に対して国交正常化したらボーナスを渡す」というくだりです。
大統領選の時の公約の中で、「北朝鮮が核を放棄し、日本と北朝鮮が国交を正常化した際に、国際機構と日本が協力して400億ドルの経済支援を出させる」とからめて、なにかおかしな方向に行っているような気がします。。。。

さて、気分も新たに、今日も進めます。

今日のポイント
・2004年に改正された児童福祉法のポイント

大きなポイントは以下の6つ
・相談体制の確立
 市町村を代表窓口とし、都道府県児童相談所はより高度で専門性の高い内容に特化。要保護児童の通告先として、市町村を加える。
・児童相談所の中核市等への設置
・児童相談所における専門性の確保
 児童相談所長に研修の受講を義務化。また、児童福祉司の任用について厳格化。
・児童虐待防止ネットワークの法整備
 地方公共団体は、「要保護児童対策地域協議会」の設置を義務化。児童福祉に関連する職務のものにより構成される。
・家庭裁判所の関与強化
 児童虐待で家庭裁判所の承認を得た場合、施設措置・措置入所を2年以内とし、それ以上措置が必要な場合は、児童相談所が更新申請でき、必要に応じ家庭裁判所は児童相談所に対して、保護者への勧告ができるようになった。
・社会的擁護体制の強化
 乳児院および児童養護施設の入所児童の年齢要件を見直し、施設退所者へのアフターケアも施設業務と定義。里親の定義規定も設けられ、里親の監護、教育、懲戒権も定められた。

※要保護児童対策地域協議会
関係機関に対する情報提供や意見開陳の協力を求めることが出来、また、同協議会の構成員などは、正当な理由なくして職務に関して知った秘密を漏らしてはならない。

今日はここまで。
やはり社会的に問題にならないと法整備は進まないのかな、と感じました。
次回は児童六法以外の児童福祉関連法について学びます。
トラックバックURL : http://hoikusikak.exblog.jp/tb/7795317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナオキ at 2009-07-04 10:22 x
はじめまして(^O^)/
色々サイト巡りをしてて行き着きました!
くまくまどんどこさんも保育士試験受験組さんなんですね!?
オレもなんですよ~☆
お互い合格出来るように頑張りましょうね♪
by ryofuku | 2008-04-22 18:59 | 保育士 | Trackback | Comments(1)