オフロードバイク&スキーが好きなクマのブログ


by りょうたろう

児童福祉六法その2

なんだか暖かい日と寒い日が続いて、すっかり風邪を引いてしまいました。
鼻水が出て、のどが痛いので、早めに今日は休むようにしようかな。。。

という訳で、今日も少しずつ進めて行きたいと思います。

今日のポイント
児童福祉六法について、引き続き学ぶ。

・母子保健法
母親、乳児、幼児の健康の保持、増進を図ることを目的としている。妊娠の届出、母子手帳の交付、1歳6ヶ月児健康診断、3歳児健康診断、保健指導、訪問指導、養育医療、母子栄養強化対策などが規定されている。

・児童手当法
家庭生活の安定や児童の健全な育成および資質向上を図るため、児童の養育者に児童手当を支給することを定めている。支給対象や要件などは、創設当初より幾度か改正。
 1971年:義務教育修了前の第三子以降の児童に支給
 1985年:義務教育修了前の第二子以降の児童に支給
 1991年:3歳未満の第一子以降に支給
 2000年:義務教育就学前の第一子以降の児童に支給
 2004年:小学校3年修了前の第一子以降の児童に支給

児童六法中の用語について
・障害児
20歳未満で政令で規定された程度の障害等級に該当する障害を持っている者
・重度障害児
障害児の中でも政令で指定された程度のの著しく重度の障害を持ち、日常生活上で常に介護を必要とするもの
・特別障害児
障害児の中でも政令で指定された程度の著しく重度の障害を持ち、日常生活上で常に特別な介護を必要とするもの
・妊産婦
妊娠中、もしくは出産後1年以内の女子
・保護者
親権を行なう者、後見人その他のもの、児童を現に監視するもの。


以上。今日はここまで。
次回は2004年に改正された児童福祉法の主なポイントについて学びたいと思います。

gooリサーチモニターに登録!

トラックバックURL : http://hoikusikak.exblog.jp/tb/7788126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ryofuku | 2008-04-21 17:50 | 保育士 | Trackback | Comments(0)